2017年7月22日、中国メディアの銭江晩報によると、安徽省亳州市で19日、前日夜に蚊取り線香20巻を同時にたき、エアコンをつけたまま寝ていた一家5人が、起床後に体調不良を訴えて病院に運ばれた。

通報を受けた警察官が5人を病院まで運んだ。記事によると、この騒動についてインターネット上には「蚊と一緒に滅びるところだったね」などのコメントが寄せられているという。(翻訳・編集/柳川)