2017年7月24日、中国のポータルサイト・今日頭条に日本の野菜や果物の値段が高すぎると紹介する記事が掲載された。

記事は、京都や大阪の市場での野菜や果物の値段を紹介。例えば、メロン1玉1500円〜2500円、スイカが1切れ498円、ナシは2個で1000円、モモは2個で700円、ブドウは産地や品種によって値段が異なり、500円の種無しブドウから4000円の品種まであると伝えた。

野菜については、ニンジン1本70円、ネギ1束100円、玉ネギが100グラム30円、ジャガイモが100グラム60円、ショウガが100グラム190円、サツマイモが1袋480円、ナスが1個80円、キュウリが3本で120円、チンゲン菜が2束で100円、トウモロコシが1本85円、ニンニクが100グラム430円、カリフラワーが1個300円、トマトが4個で250円だと紹介、中国では普通500グラム当たりいくらで売るが、日本では100グラム当たりいくらで売ると紹介した。

日本の野菜や果物が高い理由について記事は、流通の途中で価格が上がるのではなく、大部分は農家の収入になっていること、また土地面積が小さく経費がかかっていることなどを挙げた。

これに対し、中国のネットユーザーから「おいおい、日本人の収入を考えてみろ。比べようがないだろ」「日本人は給料だって高いんだからいいじゃないか。しかも品質は言うことないし」などのコメントが寄せられた。

また、「中国だって高級果物は高いだろ。日本では国産が高いが、中国では輸入果物が高い」「高いかどうかは分からないが、国が食品安全の問題を重視すれば、国民の病気は減り、体質が改善されると思う」という意見もあり、値段よりも品質に注目するユーザーが少なくなかった。(翻訳・編集/山中)