最近、日本の「軍艦島」に関する真相が再び国際世論の視野に入り、ファシズムの罪深い歴史を入念に隠す日本に対する中韓民衆の不満を再び招いている。新華社が伝えた。

第2次大戦時、朝鮮半島及び中国出身の労働者多数がこの小島での労働に強制徴用され、非人道的苦しみを受け尽くし、虐げられて多数が死亡した。韓国メディアが「地獄島」と呼ぶこの場所は、2年前に「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産リストに登録された。だが世界遺産委員会はその際、「全体の歴史を語る」ことを日本に要求した。申請過程では日本側も強制徴用された労働者多数が劣悪な環境で働いた事実を認め、この歴史を紹介することを約束した。

しかし、「軍艦島」に新設した説明プレートは強制徴用や労働者虐待の歴史に一言も触れていない。歴史と世界の人々を前に、日本は再び選択的記憶喪失の「腕前」を振るった。言うだけで約束を守らない日本側の行為が露呈しただけでなく、日本政府さらには日本社会の歪んだ歴史観がはっきりと示された。

歴史の真相の忘却は許されない。当時の歴史を反映した韓国映画『軍艦島』が近く韓国及びその他の国・地域で上映される。韓国制作の短編動画『軍艦島の真実』も今月米ニューヨークのタイムズスクエアのスクリーンに流され始めた。

「軍艦島」は長崎港の南西に位置し、面積約6万3000平方メートルで、正式名称は端島。軍艦に似た形から「軍艦島」と称される。「軍艦島」周辺の海底は良質な石炭を埋蔵し、1890年に三菱社が買い取ると有名な石炭産出地となった。当時、石炭採掘のため朝鮮半島と中国から労働者多数が強制徴用された。史料によると、朝鮮半島出身の労働者約500人が残酷な搾取を受け、100人余りが死亡した。同様に、中国人労働者多数も奴隷的に酷使され、死亡した。

日本右翼勢力は労働者の強制徴用は「国民徴用令」に基づき行われたもので、当時は「国際法に違反していなかった」と揚言し、しかも強制徴用された労働者は虐げられておらず「日本人と同様の待遇を受けた」と嘘を言っている。こうした嘘に多くの普通の日本人が惑わされている。今日の日本民衆にとって「軍艦島」は近代日本の繁栄を象徴し、産業革命を代表する遺産であり、非人道的虐待を受けた異郷出身者の運命を知る人はまれだ。

人命を軽視し、侵略を粉飾する。歴史認識のギャップは、日本が近隣国の了解を得るのが難しい重要な要因だ。「軍艦島」という「地獄島」の真相、及び入念に隠された多くの罪深い歴史を、白日の下に晒さなければならない。(提供/人民網日本語版・編集NA)