京畿道(キョンギド)広州(クァンジュ)市にある、元慰安婦が共同生活を送る施設「ナヌムの家」は23日、旧日本軍に慰安婦として強制連行された金さんが病気のため死去したと明らかにした。享年91歳だった。韓国聯合ニュースの報道を引用して中国新聞網が報じた。

韓国政府が元慰安婦として認定している被害女性の生存者は、これでわずか37人となった。(提供/人民網日本語版・編集KM)