2017年7月25日、韓国MBCテレビが放送をスタートした連続ドラマ「死んでこそ生きる男」に、ムスリム(イスラム教徒)から抗議が殺到している。澎湃新聞が伝えた。

ドラマ内にヒジャブで頭を覆ったムスリムとおぼしきビキニ姿の女性が登場したことに、「宗教を侮辱している」「イスラム教の文化をおとしめている」との指摘があり、ムスリムから放送中止を求める声が集まっている。こうした声を受け、ドラマの制作会社は公式サイトで謝罪文を掲載したが、ネット上では抗議の書き込みが止まらないという。

韓国紙・朝鮮日報によると、「死んでこそ生きる男」は1970年代が舞台。中東の小さな王国で伯爵になった韓国人男性が帰国して娘とその夫の前に現れるというストーリーだが、その第1話に問題のビキニ姿のアラブ系の女性が登場する。

ネット上では、「ムスリムの女性はこんな姿には絶対にならない」「このようなドラマはすぐに削除すべきだ」など、激しい怒りとともに多数のコメントが書き込まれている。(翻訳・編集/岡田)