プロボクシングのWBOフライ級王者・鄒市明が、初の防衛戦を上海で行うことが決まった。挑戦するWBOアジア・パシフィック同級王者の木村翔は24日、インタビューを受け、今回の試合に対する意気込みを語った。中国新聞網が伝えた。

木村選手は、「鄒選手は、これまでにオリンピック2大会を制した経験を持つ偉大なるチャンピオンだ。自分と彼とは、まだ力の差がある。だが、今回の試合については、100%勝つ気持ちで挑み、世界チャンピオンを必ず打ち負かす」と語った。

2016年11月5日にラスベガスで、鄒選手は2度目の世界タイトルに挑戦した。相手のクワンピチット・13・リエン・エクスプレス(タイ)とは初対戦ではなく、2人は2年前にマカオで対戦したことがあった。

ネット上で囁かれている「高慢」というイメージとはやや異なり、インタビューを受ける木村選手はどちらかといえば謙虚な物腰で、鄒選手との決戦について、「光栄の極みであり、全力でぶつかっていきたい」と話した。

某メディアがこのほど、木村選手の鄒選手への挑戦について、「中国で鄒選手を倒す」、「KOで鄒選手を倒す」と報じたことで、国内のSNSで熱い議論が巻き起こった。

木村選手はこれについて、「自分のコメントによって、中国のネットユーザーからこれほど大きな反響を呼ぶとは予想していなかった。当時は、あまり深く考えることなく、ただ今回の試合に勝ちたいこと、そしてKO勝ちしたいことを宣言することで、自分自身の決心と気合を表現しようとしただけだった」と話した。

木村選手は、「自信は、必ず勝つという決心から生まれる。これも、自分の強みだ。鄒選手は、ボクシングの戦法と技術のいずれにおいても、自分より勝っている」と続けた。

木村選手は鄒選手との能力差に対応するため、今回の試合に向けて、スタミナと身体能力の面で特訓を続けてきた。わざわざタイに赴き、しばらくの間実践トレーニングを行ったという。

「僕は、試合の勝敗によってもたらされるものには興味はない。ただ、鄒選手に勝てば、日本の世界タイトル数が増える。自分は世界王者ではない。彼と対戦することに、それほど大きなプレッシャーはない」と木村選手。

しかし、これは木村選手の「うわべの話」に過ぎない。WBOアジア・パシフィック王者として、彼は過去に14勝21敗の成績を残しており、最近8試合では6回のKO勝ちを果たしている。まだ世界タイトルを獲得した経験はないが、今年5月にはタイのチャンピオンSaiwaewを2回KOで下した。試合時間はわずか5分10秒。この試合で物凄い実力を見せつけた。

試合前、鄒選手は木村選手のコメントに対して、「4回で木村選手を倒す」と答えた。この言葉をきいた木村選手は、笑いながら、「報道で知ったが、4回で相手を倒すのは自分の方だ」と話した。

昨年11月6日(北京時間)、中国のプロボクサー鄒市明は、タイのクワンピチット・13・リエン・エクスプレスと12ラウンドに及ぶ苦闘を展開し、判定勝ちでWBOフライ級世界タイトルを獲得した。来る28日、彼は上海東方スポーツセンターで、初の防衛戦を行い、日本の木村翔の挑戦を受けて立つ。(提供/人民網日本語版・編集KM)