2017年7月28日、今年2月にマレーシア・クアラルンプールの空港で起きた金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件に関し、央視新聞は「被告2人が今日、セランゴール州シャー・アラムの高等裁判所に出廷」と報じた。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄である正男氏を殺害したとして裁判が行われているのは、ベトナム国籍のドアン・ティ・フォン被告とインドネシア国籍のシティ・アイシャ被告。記事によると、両被告は同州セパンの地方裁判所に過去に3度出廷しており、同地裁は5月に審理を高裁に移すと表明。殺人罪が確定すれば死刑に処される可能性があるという。(翻訳・編集/野谷)