2017年7月28日、中国上海市で、日本の絵本「こびとづかん」の人気キャラクターの巨大フィギュアが人々の注目を浴びた。21CN網が29日付で伝えた。

同市七宝に出現したのは桃園などに住むとされるカクレモモジリのフィギュアだ。記事は「日本からやって来た国宝級のブサ萌界ナンバーワン」と紹介。カクレモモジリと一緒に大勢の市民が記念撮影を楽しんだという。(翻訳・編集/野谷)