神奈川県立相模湖交流センターで30日、第二次世界大戦中に相模ダムの建設に参加し、命を落とした中国人や日本人の労働者を追悼する「相模湖・ダム建設殉職者合同追悼会」が行われた。新華網が伝えた。

追悼会では、地元の小学生3人が、中国、日本、朝鮮(韓国)の3民族を象徴するロウソクに火をともしたほか、出席者全員が起立して殉職者に黙とうを捧げ、献花した。

在日本中国大使館の邵宏偉・一等書記官は挨拶の中で、「日本の中国侵略戦争において、中国人約4万人が日本に強制連行され、基本的人権が守られることのない状況下で過酷な労働を強いられた。そして、大勢の労働者が亡くなった」と指摘し、その上で、「今日の追悼会をきっかけに、歴史の教訓を銘記し、過去の悲劇が二度と繰り返されることがないことを願っている。そして、今日この日が、平和を守り、素晴らしい未来を切り開くための新たなスタートとなることを願っている」と語った。

追悼会では、参加した小学校の児童らが合唱を披露し、犠牲者への哀悼や平和な未来を願う思いを表現したほか、追悼会終了後には、一部の参加者が相模湖ダムに花を投じて追悼した。

追悼会は、相模湖・ダム建設殉職者合同追悼会実行委員会が主催。相模湖のある神奈川県や相模原市の自治体職員や在日華僑、在日朝鮮人、在日韓国人などの団体の代表が出席した。

相模ダムは、日本で初めての多目的用途を備えた「人造湖」で、1940年に起工、47年に完成した。神奈川県の貴重な水がめとなっているほか、水力発電や観光の面でも重要な役割を果たしている。同ダムの建設には、労働者延べ360万人が従事。朝鮮人や韓国人、日本人のほか、旧日本軍により強制連行された中国人約300人も建設に参加した。過酷な労働条件に加え、非人道的な扱いを受け、中国人労働者28人を含む労働者83人が命を落とした。

追悼会は、地元住民らでつくる合同追悼会実行委員会が1979年から毎年7月末に開いている。(提供/人民網日本語版・編集KN)