最近、中国のグルメをPRする一連のイベントが、米ワシントンとニューヨークの国連本部で開催された。同イベントの料理長である山東料理の有名料理人・高炳義さんは、これまでに何度も中国の料理人を引き連れて各国を訪問しており、中国料理で世界中の人の胃袋を「征服」してきた。広州日報が報じた。

高さんは、「海外で中国のグルメを作るというのは、大きなチャレンジ。国によって文化や習慣が異なり、それぞれの国の人の好みに合わせなければならない」と話す。しかし、グルメを食べたゲストらがスタンディングオベーションして称賛する際、高さんは、「これこそが中国料理の醍醐味」と感じるという。

「中国料理は、世界公認の三大料理(中国料理、フランス料理、トルコ料理)の一つ。でも、世界無形文化遺産リストには入っていないというのは、とても残念なこと。韓国のキムチが無形文化遺産に登録されたのに、中国のグルメはなぜリストに入っていないのか、多くの人が疑問に感じている。私から見れば、中国のグルメに『資格』がないのではなく、一定の時間が必要。中国には申請する必要のあるものが多すぎて、グルメは『列を作って』待つしかない」と高さん。 (提供/人民網日本語版・編集KN)