2017年8月6日、米華字メディアの多維新聞は、トランプ米大統領が、北朝鮮問題で中国とロシアに異例ともいえる謝意を表明したと伝えている。

北朝鮮に対する制裁強化の決議が5日、国連安全保障理事会で採択された。ホワイトハウスはこれを受けて声明を発表し、「大統領は中国とロシアが決議採択に協力したことを感謝している」とし、「北朝鮮の脅迫的で破壊的な行為の阻止に向けて、関係国と引き続き連携して外交的・経済的圧力を強めていく」と述べた。

決議は、北朝鮮からの石炭や鉄、鉄鉱石、鉛、海産物の輸出を禁止したほか、北朝鮮の外国為替銀行である朝鮮貿易銀行の資産を凍結し、国連決議案に違反した北朝鮮船舶に対するすべての国連加盟国の港への入港を禁止した。(翻訳・編集/柳川)