未来の都市はグリーンにあふれた「森林都市」になる。コンクリートとレンガで建てられた灰色の時代はいずれ終わる。これは外観の美しさや視覚的効果の向上というだけでなく、未来の都市がもつより大きな優位性になる。「森林都市」の概念は都市そのものを巨大な「緑の肺」に生まれ変わらせる。というのも「森林都市」の建築物は植生とよりよく結びつき、大量の二酸化炭素をはじめとする環境汚染ガスを吸収することができるからだ。参考消息報網が伝えた。

スペイン紙「ラ・ガセタ」サイトの報道によると、イタリアの建築デザイナーのステファノ・ボエリ氏と氏のスタジオが中国南部の広西チワン族自治区柳州市のために「森林都市」プランを設計した。中国政府はすでにプランに「青信号」を出したという。

ボエリ氏のプランでは、「森林都市」は柳州市の北部に建設される。同スタジオの説明によると、「この場所は新型の持続可能な都市を創建するのに理想的な場所だ。現地の地理条件や生態環境が植物の生長に適しているからだ」という。

ボエリ氏は、「中国政府は私たちに総合的な都市のデザインを依託した。高層建築物は1つあればよく、100戸から200戸の大小さまざまな建築物が必要で、すべての建築物は外側が植物で覆われていなければならない」と述べた。柳州「森林都市」建設プロジェクトは2018年に着工し、2020年に完成が予定される。

報道によると、「森林都市」は完成すると、約3万人を収入できるようになる。「森林都市」はこの地域の大気の質を著しく改善し、毎年1万トンの二酸化炭素と57トンのその他汚染物質を吸収する見込みだ。ここの住民は地球という星の上で最も澄み切った空気を吸えるようになるという。

「森林都市」にはオフィスエリア、居住エリア、病院、学校などの施設が整えられることになっている。同スタジオの設計プランでは、すべての建築物の外側は緑色の植物で覆われる。4万本を超える樹木、100万株に迫る100品種あまりの植物に囲まれた「森林都市」は、空気の浄化機能と気温の調節機能を有する。建築物を覆う植物は騒音を防止するスクリーンの役目も果たし、現地の生物の多様性を保護・改善し、鳥類や昆虫類などの小動物に棲む場所を提供する。(提供/人民網日本語版・編集KS)