中国版ツイッター・新浪微博で4日に「5秒以内にパッと思いつく日本人の名前は?」と題した投稿があり、7日夕方現在8万6000件を超える書き込みが集まるなど話題になっている。

投稿された名前の中には、羽生結弦といった中国でも人気が高いスポーツ選手、ニュースで報じられることが多い安倍首相、剣豪・宮本武蔵などさまざまな声が寄せられた。さらに、日本を代表するアニメ映画監督である宮崎駿、名探偵コナンの主人公である工藤新一など漫画・アニメの大国である日本ならではの人物も多くの人が挙げた。

このほか、中国で人気が高い蒼井そら、山下智久などジャニーズの人気アイドル、東野圭吾や村上春樹といった日本の人気作家の名も挙がった。全体的には小栗旬や新垣結衣など俳優を挙げる人が多く、最も支持が高かったのは日中で活躍する日本人俳優・矢野浩二だった。

ユーザーの反応に対し、矢野浩二は自身のSNSアカウントで「多くの人が僕のことを思ってくれているのはありがたいです!日本では枠組みとして逆輸入俳優というふうに言われていますが、一般的に逆輸入俳優というのは外国で売れて、故郷に戻り故郷を中心に活動するというもの。続けて外国でも活動している逆輸入俳優はあまりいない。自分は日本でも活動を始めましたが、引き続き中国でも活動しているグローバル俳優。だから、このように多くの中国の人達にも応援してもらえる。さらに大きな頂(いただき)を目指して、継続は力なり!です」と語っている。(翻訳・編集/内山)