台湾のグルメイベント「2017台北夜市打牙祭」の台北ナイトマーケットのグルメトップ10を選ぶインターネット投票の結果がこのほど発表され、トップは臭豆腐。以下、■仔煎(■は虫へんに可、オアチェン)、フライドチキンと続いた。新華社が伝えた。

台北市市場処が主催する同イベントでは、ネットユーザーらが、ナイトマーケットを代表するグルメ33種類の中から、インターネット投票でトップ10を選んだ。

トップ10は上から順に臭豆腐、オアチェン、フライドチキン、咸酥鶏(鶏肉の唐揚げ)、タピオカミルクティー、サツマイモボール、薬燉排骨(薬膳が入ったスープで煮込んだスペアリブ)、豆花(豆腐スイーツ)、大腸■仔麺線(カキと豚の腸入り麺)、ナイトマーケットステーキ。

同処によると、7月21日から始まった「2017台北夜市打牙祭」には、台北市の寧夏夜市、双城街夜市、延三夜市、遼寧街夜市、華西街夜市、梧州街夜市、臨江夜市、広州街夜市の8大ナイトマーケットが参加。フェイスブックのアカウント「台北饗樂趣」を通して、フォロワーにインターネット投票に参加するよう呼びかけ、総投票数1万7000票を集めた。トップの臭豆腐は1482票、オアチェンは1279票、フライドチキンは1025票だった。

台湾の臭豆腐は昔、湖南省籍の老兵が中国大陸部から持ち込み、その後改良を経て今の味になったと言われている。(提供/人民網日本語版・編集KN)