2017年8月8日、米華字メディアの多維新聞によると、米ビジネスメディアのクオーツはこのほど、中国人は中国という国を信じているが、中国人を信じていないことが調査結果から明らかになったと伝えている。

調査会社イプソスが世界的規模で行った最新の調査で、中国人は世界で最も楽観的な国であることが分かった。中国人の87%が自分たちの国が正しい方向に向かっていると考えており、世界平均を40ポイントも上回っている。

一方、中国人が懸念していることは他国とは異なっている。世界の多くの国が「失業」や「金融と政治腐敗」「貧困と社会的不平等」などに懸念を抱く中、中国人が最も懸念しているのは「道徳の低下」だ。中国の回答者の47%が最大の懸念事項の三つのうちの一つとして「道徳の低下」を挙げている。

中国人はよく、中国人が道徳的な責任感に欠けていると嘆く。無謀な車の運転による事故、ぼったくり、食品安全スキャンダルなどの報道がこうした思いを強めている。

中国の国際的な影響力が高まり、生活水準が向上する中、中国人は自国のパフォーマンスに高い信頼を寄せる一方で、自国民への信頼は欠けているようだ。(翻訳・編集/柳川)