2017年8月17日、卓球の伊藤美誠がテレビ番組で紹介した卓球の“暗黙のルール”について、中国のネットユーザーがコメントを寄せている。

伊藤は水谷隼、早田ひならとともに出演した日本のバラエティー番組で、「11ポイント先取のゲームでスコアが10−0になった場合、リードしている選手はわざとミスするなどして相手に1ポイント与え完封勝ちを避ける」という卓球界の決まり事を紹介し、スタジオを沸かせた。

この“暗黙のルール”、過去に福原愛が破ってしまったことがある。2014年仁川アジア大会の女子団体でモンゴルと対戦した際、福原は11−0でゲームを奪ってしまった。その後、中国中央テレビ(CCTV)のインタビューで「10−0になったときサーブを(わざと)ミスしようと思ったのですが、すごくいいサーブがいってしまって」と説明。通りかかった中国チームの孔令輝(コン・リーフイ)監督から「(日本とモンゴルの)外交問題になるかもよ」とからかわれると、福原は顔を赤らめながら「本当にわざとじゃないんです!」と答えた。

苦い経験があったからか、2016年のリオデジャネイロ五輪女子団体ダブルスで福原・伊藤ペアがポーランドのペアと対戦し10−0のスコアになった際には、福原は伊藤に相手に1ポイント与えるようアドバイスしている。これについて、福原は試合後「孔令輝監督にからかわれたくないから」と語ったそうだ。

伊藤はこの“暗黙のルール”について、出演した番組で「中国選手が最初に始めて、それからほかの国の選手もそうするようになった」と説明している。

では、中国のネットユーザーはどうとらえているのか。「1ポイント相手に与える必要はないと思う。スポーツに勝ち負けは付きもの。テニスにだってそんな約束事はない」という声がある一方、「1点を与えるのは“仁”、与えないのは“理”」「これは中国人のメンツを重んじる文化」とある程度肯定的に見る声も。また、「中国以外の国の選手が相手を10−0まで圧倒することはあまりない」という意見も見られた。

このほか、いつも弱いことをネタにされているサッカー中国代表に関するコメントも多く、「やっぱりサッカー中国代表が一番美徳があるよ。試合のたびに相手に点をあげて、結果負けてるんだから」といった皮肉の声が寄せられている。(翻訳・編集/北田)