2019年5月23日、中国メディアの海外網によると、韓国京畿道でこのほど、15歳の少年が寝室で明け方近くまで宿題したあと就寝し、昼前に目を覚ましたところ、50歳の父が床の上で、46歳の母と18歳の姉がそれぞれベッドの上で死亡しているのを発見するという痛ましい出来事があったという。

検死の結果、3人は喉に傷があったほか、父親には自傷行為による傷があり、姉には抵抗した際にできたとみられる傷があることが分かったという。父親は、事業の失敗により2億ウォン(約1800万円)以上の負債を抱えていた。警察は、現場で激しく争ったり外部から何者かが侵入したりした形跡がないことから、父親が妻と娘を殺害したあと自殺したものとみているという。(翻訳・編集/柳川)