中国日本史学会は14〜16日に上海で年次会議を開いた。出席者は新時代の日中関係の行方について議論し、歴史を鑑として未来に向かうことを再確認した。中国新聞網が伝えた。

中国日本史学会の楊棟梁(ヤン・ドンリアン)会長は「年次会議は新中国成立70年来の日本史研究の回顧と総括、新時代の日本史研究の理論的視点と最前線の課題、『人類運命共同体』の下での日中関係の変化をテーマとしている」と指摘した。

中国社会科学院-上海市人民政府上海研究院の趙克斌(ジャオ・コービン)常務副院長は「中国の日本史研究を盛んにし、現在の日中関係の大局に役立つようにする面で貢献を期待する」と表明した。

武寅(ウー・イン)元中国社会科学院副院長は基調講演「新時代の日本史研究の理論的視点」で「歴史において中華文明はアジアだけでなく世界の文明史においても長い間前列に位置した。中華民族復興の核心は文明と文化の復興であり、自らの学術理論体系の構築はこれと緊密に関係する。新時代の日中関係は任重くして道遠しだ。われわれには使命感、責任感、実際の行動が必要だ」と指摘した。

年次会議には中国の100余りの大学及び研究機関から130人余りの代表が出席した。(提供/人民網日本語版・編集/NA)