江蘇省南京市は10日、雨花山や獅子山、菠蘿山などの防空壕を無料開放し、さらに飲用水や本・雑誌、Wi-Fi環境などを用意して、現地の市民に真夏でも快適に過ごせる涼しい環境を提供した。

安全を保証するため、防空壕内は喫煙や飲酒、賭博、騒ぎ、宣伝品の配布などの行為が禁じられている。中国新聞網が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)