新中国成立70周年に当たり、日本の残留孤児謝恩訪中団の一行34人は17日、4回目の訪中の旅に出発した。22日夜、北京市の北京好苑建国酒店で同訪中団を歓迎するパーティーが開かれ、日中友好に努めてきた各界の人々が集った。人民網が伝えた。

中日友好協会の許金平副会長、中国帰国者・日中友好の会の池田澄江理事長、在中国日本国大使館の堤尚広公使が歓迎パーティーに出席し、あいさつを述べた。

許金平副会長は歓迎のあいさつのなかで、「新中国成立70周年に当たり、みなさんがご高齢にもかかわらず再び訪中してくださったことに、深く感銘を受けた。中国の故郷の親戚や友人も常にみなさんのことを気にかけている。日中両国は一衣帯水の関係で、2000年以上の長きにわたる友好的交流の歴史があるが、近代の歴史における不幸な戦争によって、両国人民に甚大な災難がもたらされた。歴史は鏡のようなものだ。我々は真摯にそれを心に刻んで初めて悲劇が繰り返されるのを避けることができる。みなさんには日中友好の経験者として、自身の独自の影響力を十分に発揮し、両国人民の間に平和と友好の橋を架け、両国人民の相互理解と友好的感情を絶えず増進していくことを心から願っている」と述べた。許副会長はさらに、「日中関係はすでに新たな歴史のスタート地点に立っている。新たな情勢下で、両国の各界の人々は引き続き友好の信念をかため、絶えず友好事業の内容を充実させ、日中の友好に新たな原動力を注ぎこんでいくべきだ」と指摘した。

2年ぶりの中国再訪となった今回、訪中団団長を務める池田澄江氏は感慨を込め、「周知の通り、私たち帰国者は特殊なグループだ。私たちの大多数にとって、中国は故郷であり、日本は祖国。どちらも離れがたい。日本で唯一認定資格をもつ帰国者団体として、私たちは帰国者の良いイメージを築くよう努力している。中国の四川省や日本の福島県、熊本県が自然災害に遭った後は、最大限力を尽くして現地に人や物資、経済的な面での支援を行った。日本で困っている華人にも無償で関連サポートを提供している。現在、私たちにとって最も差し迫った仕事は、私たちが経験したことを後世に伝え、戦争と孤児の悲劇を繰り返さないようにすることだ」と述べた。

堤尚広公使は、「訪問団のみなさんが経験してきた苦労は私の想象をはるかに超えてる。しかしみなさんは広い心と思いやりを持つ養父母の恩を決して忘れていない。それぞれの人生経験と中国への熱い気持ちを抱いたみなさんが、日中交流活動に積極的に取り組んでいるのを目にして、言葉では言い表せないほどの感慨を覚えた。心からの敬意を表したい。本日、日本では新天皇の『即位礼正殿の儀』が行われ、また今年は中華人民共和国成立70周年でもある。この特別な年の特別な日に訪中団メンバーのみなさんを迎えることができたのは、特別な縁があったからに違いないと思う。みなさんが健康で、長生きされ、そして日中関係が発展していくことを願っている」と述べた。

日本の残留孤児は日本の敗戦後に両親と離散、または中国で遺棄された後、中国の養父母に育てられた日本の子供を指す。中国帰国者・日中友好の会は日本の残留孤児が自発的に設立した団体で、積極的に日中友好事業に尽力し、2009年、2015年、2017年の3回にわたり訪中団を組織して訪中した。

訪中団一行は10月17日から26日にかけて北京や四川を訪問する。18日には四川省眉山市仁寿県教育発展促進会を訪れ、計100万円を寄付した。今後数日間、北京市内を視察し、中国伝媒大学を訪問する予定となっている。(提供/人民網日本語版・編集/AK)