2020年2月6日、韓国メディア・韓国経済によると、ソウル大の学生らが「チョ・グク前法相(※ソウル大教授の職務停止中)に侮辱された」として告発状を提出する考えを示した。

記事によると、ソウル大学のトゥルースフォーラム(Truth Forum、サークル)は同日、チョ前法相に「太極旗部隊のような極右思想を持つ学生ら」と言われたとして、ソウル冠岳(クァンアク)警察署に告発状を出すことを明らかにした。

チョ前法相は昨年8月6日、SNSで「(自身の教授職辞退を要求する同フォーラムを指して)ソウル大学内に太極旗部隊のような極右思想を持った学生らが動いていることが残念でならない」とつづっていたという。

これを受け、韓国のネット上では「自分たちもチョ前法相を侮辱するような発言をしたんじゃない?」「さもソウル大の学生全員みたいな書き方はやめて。卒業後に政界に進みたがってる一部のサークルだけ」「正義あふれる若者は応援したい。ただ、いつも偏り過ぎ」「(韓国トップの)知性を誇るソウル大生がこんな調子とは情けない」など学生らへの批判的な声が目立つ。

一方で、「ソウル大学生はやっぱ違うね。ちゃんと行動できる人たち」「ひどい発言だよ。自分の過ちを指摘する人はみんな極右と考えるなんて」「極右の基準は何?チョ氏に聞きたい」など応援する声も上がっている。(翻訳・編集/松村)