指名手配されていた中国人の男がマスクを買うために日本に戻ってきたところを逮捕されたとのニュースが中国でも伝えられた。ネットユーザーからは非難が殺到している。

観察者網など複数の中国メディアは13日、日本の報道を引用して、大阪府警が関西国際空港で張志強(ジャン・ジーチアン)容疑者(22)を逮捕したことを伝えた。張容疑者は19年2月、大阪市の80代女性からだまし取ったキャッシュカードを使って、ATMから現金およそ140万円を引き出したとして、詐欺などの容疑で指名手配されていた。

張容疑者は取り調べに対し、「中国でマスクが手に入らず、知人のためにマスクを買おうと日本に戻ってきた」などと供述している。ただ、警察は張容疑者が空のスーツケースを携帯していたことから、転売目的でマスクを大量に購入しようとしていた可能性もあると見ているという。

事件を受け、中国のネットユーザーからは、「本当にどうしようもない」「目に余るほどの恥知らず」「80のおばあさんをだますなんて、人でなしだ」「天網恢恢(かいかい)疎にして漏らさず(悪事を行えば必ず罰を受ける)だ」といった声が上がった。

また、知人のためにマスクを購入しようと思ったという供述について、「どうせ日本でマスクを購入してきて、(中国で)高値で売りさばこうとしてたんでしょ」「明らかに転売目的だ。知人にと言い訳しているだけ」との意見も出ている。

このほか、指名手配されていながら日本に再び戻ったことについて、「その程度の頭では犯罪は無理」と皮肉るコメントも寄せられている。(翻訳・編集/北田)