広西壮(チワン)族自治区桂林市のパンダファン・余星星さんは23日、柳州市動物園に足を運び、パンダ・明浜(メイヒン)の誕生日パーティーに参加。微信(WeChat)を通して、新型コロナウイルスの影響で中国に来ることができない日本のパンダファン6人にその様子をライブ配信していた。そして、明浜がかわいい仕草を見せるたびに、それをカメラに収めていた。中国新聞社が報じた。

明浜は日本で生まれ、2012年12月に帰国。23日に14歳の誕生日を迎えた長寿の明浜のために、柳州市動物園はスペシャル誕生日パーティーを開催し、各界の人々を招待した。

同日、飼育員は竹やとうもろこしの粉で作った蒸しパン、ニンジン、カボチャなどを使い、明浜に特製のタニシ麺をプレゼントした。動物園の宣伝教育部の趙嘉亮部長によると、竹を細く切ってビーフンに見立て、竹の葉を青菜に、そして蒸しパンをカモの足の形に作り上げて、明浜に柳州の名物料理を味わってもらったという。

余さんは、大のパンダファン。明浜の誕生日には毎年、動物園にやって来る。そして、そこで日本人のパンダファンとも知り合うようになった。「いつもなら、日本のパンダファンが明浜の誕生日を祝うためにやって来る。でも、今年は新型コロナウイルスの影響で、中国に来ることができないため、祝福する彼らの思いも携えて、明浜を見に来るよう頼まれた」と余さん。

パンダファンの田中明美さんは2019年に、明浜の誕生日を祝うために動物園にやって来た。田中さんは、初めて明浜に出会った時のことを振り返り、「2011年に和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで初めて見たパンダが明浜だった。そのかわいい姿にすぐに虜になり、大ファンになった」と話していた。

明浜の誕生日の日、田中さんは微信のモーメンツに「明浜、14歳の誕生日おめでとう。今年も盛大な誕生日パーティーが開かれるのでしょうね」という祝福の言葉のほか、動物園に行くことができず残念な気持ちを綴っていた。そして、余さんから送られてきた誕生日パーティーの動画を見て、「来年こそは柳州市に行って、明浜の誕生日パーティーに参加したい」と返信していた。(提供/人民網日本語版・編集/KN)