2020年12月26日、広東省の地方紙・南方日報系のニュースアプリ・南方plusは、米国での最新世論調査で、トランプ大統領に対する評価がオバマ前大統領を下回ったと報じた。

記事は、米誌USAトゥデイとサフォーク大学が24日に最新世論調査の結果を発表し、「歴史はトランプ大統領の執政についてどう評価すると思うか」との質問で、「偉大な大統領」と回答した人の割合が16%、「よい大統領」が13%、「まあまあ」が16%となった一方で、「失敗した大統領」が50%と半数を占めたことを明らかにしたと伝えた。

また、2016年にオバマ前大統領が退任した際に同様に行われた調査では23%が「失敗した大統領」、32%が「よい大統領」と回答していたとし、退任直前時点におけるトランプ大統領の評価がオバマ前大統領に比べてはるかに低いことが浮き彫りになったことを紹介している。

一方で、共和党支持者の中では依然としてトランプ大統領を支持する声が大きく、4年後の大統領選挙における共和党候補者選びにトランプ大統領が名乗りを上げた場合には、71%がトランプ大統領に投票するとの結果も出たことを伝えた。

さらに、今年の大統領選の結果について民主、共和両党支持層の見方は相変わらずはっきりとした対立構を呈しており、共和党支持者の78%が選挙結果は違法との認識を示したのに対し、民主党支持者の96%は「バイデン氏が合法的に大統領に選ばれた」と回答したとしている。(翻訳・編集/川尻)