高層ビルの火災現場で、SFチックなデザインのドローンが舞い降り、火災フロアの窓外でホバリングし、照準を合わせ、発射する。消火弾がガラスを破り、消火剤が火災現場に広がる。これは中国航天科工二院二部がこのほど試験場で実施したドローン消火試験の光景だ。評価を経て、室内の火が効果的に消し止められた。科技日報が伝えた。

今回登場したドローンは2つの「砲身」を担っていた。SFチックなデザインで、映画のトランスフォーマーに非常に似ている。ただ、その故郷はセイバートロンではなく、二院二部仿真公司の技術チームによって開発された。

現代の都市において、高層ビルの高度が増し続けており、それに伴い新たな火災リスクが生じている。一部の火災現場は地上消防システムの手が届かないのに対し、ドローン消火システムは高層ビルの消火にソリューションを提供した。

このドローン消火システムは指揮車、ドローン、消火弾で構成される。その技術責任者である楊興光(ヤン・シングアン)氏によると、同システムにはスマート測位、自動照準、正確な窓破壊、無破裂消火剤散布などの機能があり、火災初期の効果的な消火や火災の拡大防止が可能だ。このドローン技術は中国のトップ水準で、開発機関が完全な知的財産権を持ち、すでにドローン消火関連特許を20数件形成している。(提供/人民網日本語版・編集/YF)