中国のニュースサイトの中国新聞網は29日、「在日、在韓の複数の米軍基地で29日までに新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が始まったが、基地内の日本人、韓国人従業員は接種の対象となっていない」と伝えている。

記事はまず、日本について、NHKの報道を引用し、「関係者によると、ワクチンの接種が始まったのは青森県の三沢基地、東京都の横田基地、神奈川県の横須賀基地とキャンプ座間、沖縄県の嘉手納基地とキャンプ瑞慶覧だ。使用されたワクチンは米国の製薬会社モデルナが開発したもので、これまでに計約8000回分が到着し、施設内の病院に勤務する米国人の医療従事者などが優先的に接種を受けることになっている。施設で働く日本人は接種の対象となっていない」と伝えた。

韓国については、韓国メディアの報道を引用する形で、「在韓米軍司令部が29日に配布した報道資料によると、京畿道の烏山と平沢、全羅北道の群山にある米軍基地内の病院で、医療従事者や関係者などを対象にワクチンの接種が始まった」とし、在韓米軍のエイブラムス司令官も接種を受けたと紹介。「在日米軍と同様に、接種の対象は米国人に限定され、韓国人従業員は含まれていない」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)