中国政府が設立した「新型コロナウイルス肺炎流行に対応する合同防御・合同抑止メカニズム」(以下、「メカニズム」)は9日に実施した発表会で、世界保健機関(WHO)専門家の湖北省武漢市などへの受け入れの準備が整ったと発表した。

WHOは5日の段階では、武漢市で予定していた新型コロナウイルスの感染症COVID-19の発生源調査について、調査チームが中国への入国を拒否されていると説明し、テドロス事務局長も「大変失望」していると述べていた。

中国政府・国家衛生健康委員会副主任で「メカニズム」内のワクチン開発チームの責任者でもある曾益新氏は9日の発表会で、「具体的な時期は確定中だが、われわれの側はすでに準備が整った。(WHOが派遣する)専門家が手続きを終わらせ、行程が確定すれば、われわれも共に武漢に行き、調査活動を行う」と述べた。

曾氏によると、中国側はウイルス学、流行病学、公衆衛生学、臨床医学などの分野の自国側の専門家チームの手配を終えており、訪中するWHO側の専門家に対応するという。

WHOのテドロス事務局長は8日の時点で「国際的専門家がウイルスの起源を調査するため中国を訪れるのは、来週(1月10〜16日)になるだろう」と述べていた。(翻訳・編集/如月隼人)