台湾の台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)が日本人を対象に実施した意識調査で、台湾に親しみを感じると答えた人の割合が78%に上ったことが分かった。別の調査では日本人の90%が中国に対する印象が「良くない」と回答。台湾とは対照的な結果で日本人の好感度が大きく分かれた。

台湾・中央通信社によると、調査は昨年11月、世論調査機関の中央調査社(東京都)に委託して実施。日本全国に居住する20歳以上、89 歳以下の男女を対象にインターネットと電話で行い、計1000人から回答を得た。調査は2016年から行われており、今回で5回目。

調査結果によると、台湾に「親しみを感じる」と回答した人は40.4%、「どちらかというと親しみを感じる」が37.2%だった。合計は77.6%で、前回の78.1%に比べて0.5 ポイント減少した。

親しみを感じる理由は「台湾人が親切、友好的」が77.8%で最多。最も親しみを感じるアジアの国・地域は台湾が49.2%でトップとなり、韓国(17.1%)、シンガポール(13.1%)と続いた。中国は2.9%だった。

台湾の新型コロナウイルス対策で印象に残ったこと(複数回答)については「感染者数と死亡者数が少ない」が56.7%で最も多かった。次いで「感染状況に関する情報公開の徹底」(29.1%)、「台湾の感染症対策の中心となっている中央流行感染症指揮センター」(27.9%)となった。

台湾を「非常に信頼できる」の回答は17.0%、「信頼できる」は50.6%で合わせて半数を大きく超えた。信頼できると答えた人の割合は16年調査の55.9%から右肩上がりに上昇している。信頼できる理由(複数回答)は「日本に友好的だから」が61.5%で最も割合が高かった。「自由・民主主義などの価値観を有している」は60.7%と僅差で続いた。

調査結果について代表処は「日本人の多くが台湾に対し良好な印象を持ち、現在の台日関係の発展を評価するものとなった」と分析している。

これに対し、昨年11月、言論NPO(工藤泰志代表)と中国国際出版集団が発表した第16回日中共同世論調査の結果で、相手国の印象が「良くない」「どちらかと言えば良くない」との回答は日本人が89.7%に上り、前年の調査から5ポイント増えた。

日本人の中国に対する印象は沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる対立で悪化した14年の調査から徐々に改善していたが、一転して悪化した。日本人が中国への印象を悪化させたのは、中国が南シナ海や尖閣諸島周辺で展開している行動や軍事力の増強などが理由だった。(編集/日向)