中国が7連休となる春節(旧正月)まで約3週間となる中、当局が打ち出した感染症対策に中国のネットユーザーが強い反応を示している。

中国では、冬季・春季の農村部における新型コロナウイルス感染症予防抑制作業に関する計画が19日付で各省や自治区、直轄市などに通知された。人民網の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントは20日、同計画が「帰省する人は7日以内の有効な陰性証明を持って帰る必要があり、帰省後は自宅で14日間の健康観察。7日間に1回、PCR検査を実施する」と指摘していると紹介。これには4万7000件を超えるコメントが付き、一部ネットユーザーからは「皆さんに質問です。わが国の春節休暇は何日間でしょう?」「春節は7日間しか休みがないのに」「農村出身者は実家で春節を迎えられないなんて」「都市部に帰省する人には何の措置も必要ないの?」「『みんな帰らないで』ってズバリ言った方がいい」などの声が上がった。

同アカウントはその数時間後にも、計画が指す「帰省者」は「よその土地から農村部に戻る人で…」などとする説明を投稿。これにも「でもやっぱり分からない。7日間休暇で14日間自宅で健康観察」「『どこにも行かずにおとなしくしていて』ということだ」など1万4000件余りのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/野谷)