7日に67歳の誕生日を迎えたジャッキー・チェン(成龍)が、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)を通じてメッセージを発信。心配された腰の状態も回復中であることを報告している。
ジャッキー・チェンはウェイボーのメッセージで、3枚の写真を公開。誕生日当日は次回作の準備のため、スタントマンチームの成家班の訓練基地で迎えたと報告。写真はすべてスタッフらに囲まれたもので、年齢を感じさせない若々しい笑顔を見せている。なお、今年は「七小福」メンバーとして映画出演してからちょうど60年が経ち、芸能界デビュー60周年の節目にもなっている。
メッセージでは、世界中のファンから寄せられた祝福に感謝するとともに、昨年はコロナ禍で仕事の一時中止を余儀なくされたが、今年は順調に従事できていることに「幸せを感じる」としている。また、世界中からの祝福を「何倍にもして全世界に届けたい」と今後の作品にかける熱意も記している。
今年1月、新作映画のPRイベントに出席したジャッキー・チェンが、人の肩を借りてつらそうに歩く姿が目撃され、古傷の状態がかなり悪いのではないかとネット上で大きな話題になった。ジャッキー・チェンはこれについてもメッセージ内で触れており、「腰のケガはかなり回復した」と報告している。(Mathilda)