2021年5月26日、韓国・KBSは、東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出問題をめぐり「日本と韓国が世界保健総会(WHA)で激突した」と報じた。

記事によると、韓国の保健福祉部の権徳チョル(クォン・ドクチョル)長官は25日午前(現地時間)に行った基調演説で、原発処理水の海洋放出問題について「利害当局国との十分な事前協議なく行われてはならない」と強く述べ、日本政府に情報を包み隠さず公開するよう求めた。また、「世界保健機関(WHO)と国際原子力機関(IAEA)をはじめとする国際社会の客観的かつ十分な検証が必ず行われなければならない」と強調したという。

一方、午後に発言権を得た在ジュネーブ日本政府代表部の斉田幸雄公使は、韓国側の発言に対し「日本はこれまで原発処理水の海洋放出問題について包み隠さず説明してきた」とし、「海洋放出が技術的に実現でき、国際慣例に合致するということはIAEAが認めている」と反論したという。

その後、韓国側は再び在ジュネーブ韓国政府代表部のイム・ソンボム次席大使が発言権を得て「韓国国民の健康に重大な影響を及ぼす問題だ」と主張。「韓国政府は日本政府の積極的な情報公開と協議を願っている」と述べたという。

これを見た韓国のネットユーザーからも「そんなに安全できれいな水なら日本国内にある川に放流すればいい。それを日本国民が同意するか?」「それなら他国に迷惑を掛けず、日本国民の飲み水として使用するべき」「日本の政治家のうそは世界最高だ」など日本の主張に反発する声が上がっている。

また、韓国政府に対し「もっと強硬な対応をするべき。水産業に命を懸ける国民が見張っている」「国民の命がかかっているのになぜ政府はそれしか言えないのか。海洋放出は避けられないのなら、せめて管理監督にアジアの国が参加できるようにするとかしてほしい」などと求める声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)