中国メディアの観察者網は30日、中国の有名女優ヴィッキー・チャオ(趙薇)の夫に、巨額の借金トラブルが報じられたことを伝えた。

ヴィッキー・チャオの夫は実業家のホアン・ヨウロン(黄有龍)氏。記事が香港メディアの報道として伝えたところによると、ホアン氏は利息と合わせて3億香港ドル(約43億円)近い額の返済が滞っているとされ、保証人とともに債権者から訴えられたという。

原告は万匯有限公司で、同社はホアン氏が2016年8月と同年10月に明諾国際財務有限公司からそれぞれ1億香港ドル(約14億円)と5000万香港ドル(約7億円)を借り、前者については1年後、後者は3カ月後に返済することになっていたと説明。だが、17年6月からは、利息の一部返済にとどまっていたようだ。

記事は「17年の初めから期限通りの返済がなされなかった」とも伝え、「当時はちょうど、ホアン氏、ヴィッキー・チャオ夫妻の資本事業の『転換点』だった」と指摘。記事は、当時明らかになった、ヴィッキー・チャオ設立の龍薇傳媒公司による企業買収について、「龍薇傳媒が自分のポケットから出した額は6000万元(約10億円)だけ。残りの30億元(約515億円)は全て借りたものだった」としている。(翻訳・編集/野谷)