中国共産党と世界政党指導者サミットが6日夜、ビデオ会議形式で行われ、習近平中国共産党中央委員会総書記・国家主席が会議に出席し、基調演説を行いました。今回の会議は中国共産党創立100周年に際して重要な多国間外交活動として行われたもので、会議のテーマは「人民の幸福を図る:政党の責任」です。会議には160以上の国から政党と政治組織の指導者500人余りと、1万人を超える政党の代表らが出席しました。

習総書記は基調演説の中で、いずれの国の政党も方向性をリードする責任を担い、人民の声に耳を傾け、時代の流れに順応し、人類運命共同体の構築に向かって前進すべきだとの考えを示しました。

習総書記はまた、「各国の歴史、文化、制度、発展レベルはそれぞれ異なるが、それぞれの人民は平和、発展、公平、正義、民主、自由という全人類共通の価値を追求している」と示し、各国の政党に向けて、人類共通の価値を守り、発揚するよう呼びかけました。

習総書記はさらに、「発展は世界各国がもつ権利であり、少数の国だけがもつ特許ではない。政党は、各国が発展と協力を強化し、各国人民が発展の成果を享受できるよう取り組み、世界の発展の公平性、有効性、協同性を高めて、いかなる技術封鎖や科学技術の格差、発展のデカップリングにも共同で反対しなければならない」と強調しました。

世界的に猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症に関して習総書記は、「感染症を政治利用したり、ウイルスをレッテルとして利用することに反対し、人類の『公衆衛生健康共同体』の構築を共に推進したい。また、テロなど人類共通の敵を前に、政党は協力して安全保障を目指すべきであり、気候変動がもたらす試練に関しては、人間と自然の調和と共存の道に共に取り組むべきだ」と述べました。(提供/CRI)