2021年度の上半期に放送あるいは配信された中国ドラマを対象に、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で実施した「最も好きなドラマ」のユーザー投票の結果がこのほど明らかになった。

ブロマンスの武侠ファンタジー作品「山河令」など、数々の人気作が誕生した今年上半期だが、ユーザー投票で約109万票を獲得して1位に選ばれたのは、冒険&ミステリードラマ「終極筆記」だった。小説家・南派三叔の人気シリーズ「盗墓筆記」からの数編を映像化したもので、俳優のジェン・シュンシー(曾舜晞)とシャオ・ユーリャン(肖宇梁)が主演。ドラマ・映画情報サイトの豆瓣(Douban)のユーザー評価では、10点満点のうち8.3点と高評価を受けている。

2位に選ばれたのは、俳優ウォレス・チョン(鍾漢良)と女優タン・ソンユン(譚松韻)が主演した時代劇ドラマ「錦心似玉」だった。豆瓣での評価は5.7点とやや低いものの、動画配信サイトでの再生回数は現在50億回に迫る勢いを見せている。

3位は女優ディリラバ、俳優ウー・レイ(呉磊)が主演の時代劇ドラマ「長歌行」で、約102万票を獲得した。中国の漫画家・夏達(シアダー)による同名漫画を実写化した作品となる。

4位は俳優リン・イー(林一)、女優シュー・ルー(徐璐)が主演の恋愛ドラマ「良辰美景好時光」で、投票数は約96万票となった。5位は女優リー・イートン(李一桐)とジン・チェン(金晨)の女性2人を主人公にした「了不起的女孩」で、昨年ヒットした「30女の思うこと 〜上海女子物語〜」に続く、女性主人公の良作として評価が高い。

なお、俳優ゴン・ジュン(龔俊)とチャン・ジョーハン(張哲瀚)のブレーク作で、豆瓣での評価は同ランキングで最高となる8.6点を獲得した「山河令」は7位に登場。歌手で俳優シャオ・ジャン(肖戦)が主演で、主人公にイメージがぴったりマッチすると原作小説ファンからも好評だった「斗羅大陸」が8位に。「山河令」と並ぶ上半期のヒット作で、女優ジン・ティエン(景甜)、俳優チャン・ビンビン(張彬彬)主演の「司藤」は9位に選ばれている。(Mathilda)