中国国家広播電視総局は2日、アイドル育成番組の放送禁止などを盛り込んだ「通知」を発表した。

「通知」では、「芸能人の違法行為、道徳違反や、ファンコミュニティーの混乱などの問題を厳しく取り締まるため」として、「違法行為、道徳違反を行った者を排除する」「再生回数至上論に断固反対する」「みだりな娯楽化を断固排斥する」「高額のギャラに断固反対する」「業界人の管理を強化する」「専門的で権威ある文芸評論を展開する」など、8項目を掲げている。

その中で、「ラジオやテレビ、ネット視聴プラットフォームは、アイドル育成番組を放送してはならず、スターの子女が参加するバラエティー番組及びリアリティー番組を放送してはならない」とされたほか、オーディション番組についても「投票段階の設定を厳しくコントロールしなければならない。ファンが物品の購入など金銭を使って投票するよう誘導することは厳禁とする」とされた。

また、ブロマンス人気などで最近話題の「娘炮(女性っぽい男性)」を「奇形の美意識」であると断じ、「断固として根絶する」とした。「娘炮」をめぐっては、先月28日、中国共産党中央委員会傘下の日刊紙・光明日報が厳しく批判する記事を掲載していた。(翻訳・編集/北田)