中国の女優チャン・ツィイー(章子怡)が、携帯電話のホーム画面に娘2人の写真を使っていることが偶然明らかになり、「心が和む」とネットユーザーからも声が上がっている。

チャン・ツィイーは、中国で公開中のオムニバス映画「我和我的父輩」(My Country , My Parents)に収められた「詩」で、初めて映画監督にも挑戦している。このほど映画の宣伝活動で訪れた上海で、同じく監督を務めた俳優で映画監督のウー・ジン(呉京)と外を歩く姿を撮られたチャン・ツィイーだが、バッグにぶら下げた携帯電話のホーム画面が見えたことが話題となっている。

中国メディアによると、ホーム画面に設定されていたのは、15歳になる娘の汪曼熙(ワン・マンシー)と、5歳になる醒醒(シンシン)のツーショット写真。なお、チャン・ツィイーはミュージシャンのワン・フォン(汪峰)と2015年に結婚し、同年末に第一子の醒醒さんを出産したが、汪曼熙さんはワン・フォンと元恋人のモデル女性との間に誕生しているため、チャン・ツィイーにとって血縁のない娘となる。

チャン・ツィイーは先月も娘たちを連れて、北京のユニバーサル・スタジオを訪れる姿を目撃され、過去には汪曼熙と四川省成都市の観光地に姿を見せ、仲良く談笑する場面を撮られている。多感な年頃を迎えた汪曼熙と良好な関係を築いている様子で、携帯電話のホーム画面を伝える報道には、「とても心が和む」「娘を平等に扱っている賢いママ」といった称賛のコメントが寄せられている。(Mathilda)