外交部(外務省)の汪文斌報道官は5日に行われた定例記者会見で、「中国は各国メディアが北京五輪・パラリンピックを取材することを歓迎するが、スポーツの政治問題化に断固反対し、中国に対するイデオロギー上の強い偏見に断固反対し、いわゆる報道の自由の名の下にフェイクニュースや虚偽の情報をでっち上げて中国と北京冬季五輪を歪曲し、これに泥を塗る行為に断固反対する」と述べた。新華社が伝えた。

【記者】報道によると、米国務省のプライス報道官は4日、米国は中国が北京冬季五輪期間中、記者の自由な行動とアクセスを制限せず、記者の身の安全と報道の自由を保障するよう促すと述べた。中国はこれをどう見るか。

【汪報道官】北京冬季五輪・パラリンピックは開放的な大会運営の理念を堅持し、準備段階の最初からずっと各国メディアが大会に注目し報道するのを歓迎してきた。準備段階に入ってから、メディアに良好なサービスを提供し、大会組織委員会は北京駐在の海外メディアを招待しての集団取材、メディアサロン、記者会見、親善活動、「EXPERIENCE 北京」テスト活動、大会情報の速報発信など複数の形式を通じて、各国メディアに北京冬季五輪の準備状況を説明してきた。

私たちは各国メディアが北京冬季五輪・パラリンピックへの取材を歓迎する。これまでに記者2500人以上が北京冬季五輪取材の登録申請を行った。繰り返しになるが、中国の関連する法律・法規、新型コロナウイルス感染症対策を遵守することを前提として、すべての海外の登録メディアの記者は中国国内で北京冬季五輪と関連事項を取材し報道することができる。大会組織委は開催都市契約と中国の関連政策に基づいてメディアの記者の報道の自由を保障する。私たちはこれまでと同じように海外メディア記者の中国における報道に便宜と支援を提供する。

私たちはメディア記者が北京冬季五輪の会場建設、大会の組織、運営の保障などに関する取り組みを報道するとともに、準備作業に対して世論監督を展開することを非常に歓迎する。これは私たちが大会の組織運営能力を絶えず向上させる上でプラスになる。しかし私たちはスポーツの政治問題化に断固反対し、中国に対するイデオロギー上の強い偏見に断固反対し、いわゆる報道の自由の名の下にフェイクニュースや虚偽の情報をでっち上げて中国と北京冬季五輪を歪曲し、これに泥を塗る行為に断固反対する。

中国は米国が五輪精神を尊重し、五輪の発展を促進し、米国を含む各国の選手の利益を守ることを出発点として、「ともに」という五輪のモットーを実践し、無責任な言論をやめるよう促す。(提供/人民網日本語版・編集/KS)