2021年に放送あるいは配信された中国ドラマの中から、中国の代表的なオンライン百科事典での閲覧回数ランキングが登場。1位は俳優スン・ホンレイ(孫紅雷)、EXOメンバーのレイ(張芸興/チャン・イーシン)が主演の「掃黒風暴」となった。

今年も数々のヒット作が生まれた中国ドラマだが、このランキングは動画配信サービスでの再生回数やユーザーレビューとは別に、大手オンライン百科事典の番組紹介の閲覧回数から、作品の人気や世間での反響を見るもの。今年、現時点で1位に立っているのは大人気となった刑事ドラマの「掃黒風暴」で、閲覧回数は2300万回を超えている。

2位は時代劇ドラマの「贅婿」で、3位は今春大ヒットしたブロマンスの武侠ファンタジー作品「山河令」だった。4位はファンタジーロマンスの「半妖の司籐姫 〜運命に導かれた愛〜」、5位には俳優ヤン・ヤン(楊洋)と女優ディリラバ(迪麗熱巴)の共演も話題となった「你是我的栄耀」が入っている。

女優ヤン・ミー(楊冪)最新作のファンタジー時代劇「斛珠夫人」や、レイモンド・ラム(林峯)とリウ・タオ(劉涛)が主演の「星辰大海」が最近配信をスタートし、それぞれ人気を集めている。しかし今年も残すところ2カ月を切り、2021年の閲覧回数の上位ランキングはこのまま変動なしと見られている。

なお、20年の同ランキングで1位となったのは、アラサー女性3人の生き様を描いて話題になった「30女の思うこと 〜上海女子物語〜」だった。2位は神仙ファンタジーの時代劇「夢幻の桃花〜三生三世枕上書〜」、3位は「家族の名において」となっている。

19年は、北宋の時代を舞台に1人の女性の成長を描いた時代劇「明蘭〜才媛の春」が、ここ3年のランキングでは最高の3600万回超えを記録して1位に。続いて同じく時代劇の「慶余年」が2位、ブロマンス作品の人気の火付け役となった「陳情令」が3位となっている。(Mathilda)