2021年11月24日、韓国メディア・毎日経済は「今年1〜10月における韓国のゴルフ用品の輸入額が過去最高額を記録した」と報じた。

記事によると、今年1〜10月の韓国のゴルフ用品の輸入額は6億100万ドル(約693億円)で、過去最高額だった昨年の年間輸入額5億4200万ドル(約625億円)を上回った。そのうち最も高額だった品目はゴルフクラブ(3億8900万ドル、約449億円)で全体の64.7%を占めており、2位以下は、ゴルフクラブパーツ(8700万ドル、約100億円)、ゴルフボール(8400万ドル、約97億円)、ゴルフグローブ(2300万ドル、約27億円)の順となった。

最大の輸入国は日本で、全体の46.5%を占めた。ただし最近は中国や米国、台湾、ベトナムからの輸入額も増えており、日本製品の輸入割合は2018年に54.4%を記録して以降、2019年(49.3%)、2020年(48.9%)と今年まで減少傾向が続いているという。

品目別に見ると、ゴルフクラブは日本(64.0%)、ゴルフクラブパーツは中国(56.1%)、ゴルフボールはタイ(42.0%)、ゴルフグローブはインドネシア(74.7%)からの輸入が優勢だった。

また、コロナ禍により世界的にゴルフの人気が高まったため、ゴルフ用品の輸出額も増加したといい、1〜10月の韓国のゴルフ用品の輸出額は9000万ドル(約104億円)で、前年(6700万ドル、約77億円)に比べ34.3%上昇した。特にゴルフシミュレーターなどの輸出が急成長を遂げており、今後も伸びが期待されるという。

記事は「このようにゴルフ用品の輸入額が増加したのは、ゴルフが『コロナ禍における安全なアウトドアスポーツ』として認識され、若者世代も参入して競技人口が急増したためとみられている。ゴルフ場経営協会によると、19年に4170万人だったゴルフ場利用客は、20年に4670万人と12.1%も増加した」と伝えている。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「『最低賃金が低くて食事もできない』という話はうそでしょ」「ゴルフにはお金がかかるから、ゴルフ以外の支出を減らすことになり、飲食店などの自営業者はダメージを被るだろうな」「それほど運動量の多いスポーツにも見えず、ただ穴に球を入れるだけなのに、何が楽しいのか分からない」「スキー場だって野外なのに、なぜスキーは人気が出ないの?」など、ゴルフ人気に対する否定的なコメントが寄せられている。

また、「日本や米国の製品は質がいいから仕方ない」という意見の他、「まずはゴルフ用品の国産化を目指して、それが無理なら欧州や米国から輸入すべき」「何も考えずに日本製品を使ってるんだね。できれば日本の物はやめよう」「日本車を出入り禁止にしたゴルフ場も、日本製のゴルフクラブは禁止できないのか」など、日本に関するコメントも見られた。(翻訳・編集/丸山)