中国の映画監督ワン・ユエルン(王岳倫)氏(48)は30日、自身の微博(ウェイボー)アカウントを更新し、妻で人気司会者のリー・シャン(李湘)さん(45)と今年7月に12年にわたる結婚生活に終止符を打っていたことを明らかにした。投稿は現在、削除されている。

中国のエンタメ系メディア、新浪娯楽などが伝えたもので、理由として「長期的な性格の不一致により、長年の愛情に亀裂が生じた」ことを挙げ、12歳の娘については一緒に育てていくとしている。

29日にはワン・ユエルン氏が長髪の女性とホテルで一夜を共にしたと報じられていた。

これに関連し、ウェイボー上では、卓球元五輪メダリストの福原愛さん夫婦、台湾の女優で日本の人気漫画「花より男子」をドラマ化した「流星花園」でヒロインを演じたバービィー・スー(大S、徐熙媛)さん夫婦に続き、夫婦リアリティー番組の出演タレントがまた離婚したとの投稿が注目されている。

今年7月に離婚が成立した福原さんと江宏傑(ジアン・ホンジエ)氏、今月22日に離婚手続きを終えたことを発表したバービィー・スーさんと中国の実業家、ワン・シャオフェイ(汪小菲)氏は共に2018年に騰訊(テンセント)が放送したリアリティー番組「幸福三重奏」に出演。ワン・ユエルン氏とリー・シャンさんは20年に放送が始まった芒果TVと咪咕視頻のリアリティー番組「哎呀好身材第二季」に出演していた。

投稿には、「夫婦リアリティー番組の呪いがまた」「次はどの夫婦?」「ラブラブぶりを披露するカップルは早く別れる」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/柳川)