中国共産党系の環球時報(電子版)は4日、日本について、「韓国に抗議してから幾日もたたないうちに、今度は中国に抗議した」とする記事を掲載した。

記事はまず、日本の共同通信の報道を引用する形で、日本政府が4日、中国の海洋調査船「東方紅3」が沖縄県・石垣島北方の排他的経済水域(EEZ)で同意なく科学的調査を実施した可能性があるとみて中国側に抗議したことを取り上げた。現場は、中国が領有権を主張する尖閣諸島の周辺海域。

その上で、「釣魚島(日本名:尖閣諸島魚釣島)およびその付属島しょは、中国の領土の不可分の一部だ。歴史、法理のいかなる角度から見ても、釣魚島およびその付属島しょは中国固有の領土だ。他人が何と言おうと、何をしようと、釣魚島が中国に属するという客観的事実を変えることはできない」とする中国側の立場を伝えた。

記事はまた、日本政府が数日前、韓国の調査船が島根県・竹島北方のEEZ内で日本から事前の同意を得ずに調査を実施したことに強く抗議したことにも触れた。(翻訳・編集/柳川)