台湾の蔡英文総統は4日、日本政府の台湾に対する新型コロナウイルスワクチン供与から1年を迎えたことを受け、ツイッターを更新し、日本語で感謝の意を示した。

蔡氏は「1年前の今日、台湾が新型コロナウイルスとの戦いで多くの困難に直面する中、日本政府からワクチンを贈っていただきました。この時のご厚意は私たちの心に深く刻み込まれています」などと記した。

これについて、中国共産党系の環球時報(電子版)は4日、(台湾の)民進党当局の指導者は日本語で感謝の意を示したが、台湾のインターネット上では「当時はワクチン不足でAZ(英製薬大手アストラゼネカ製)を打つしかなかったが、AZを打って何人が亡くなったのか。現在、毎日100人以上が亡くなっているのに、蔡英文は日本におべっか…」「それ(AZ製ワクチン)は日本人が不要のものだ」などの声が上がっていると報じた。(翻訳・編集/柳川)