北京時間の2022年6月5日10時44分、有人宇宙船「神舟14号」を搭載したキャリアロケット「長征2号F遙14」が、酒泉衛星発射センターで予定時間に正確に点火されて打ち上げられ、陳冬氏、劉洋氏、蔡旭哲氏の3人の宇宙飛行士を順調に宇宙へと送り届けた。飛行状況と乗組員の状態は良好で、打ち上げは成功した。

これより前の報道によると、3人の宇宙飛行士がコアモジュールに入り、軌道上に6カ月滞在する。神舟14号の乗組員は地上と協力し宇宙ステーションの組立・建設作業を行い、単一モジュールコンビネーション飛行から徐々に3モジュールコンビネーション飛行状態を完成させる。神舟14号の乗組員はさらに初めて実験モジュール「問天」「夢天」に入り、有人環境などを構築する。また、神舟14号と15号の乗組員が初めて軌道上での交代を実現し、共に宇宙ステーションに5−10日間滞在することで、連続有人滞在を実現する。(提供/人民網日本語版・編集/KW)