中国有人宇宙飛行プロジェクト弁公室によりますと、北京時間6月5日午前10時44分、有人宇宙船「神舟14号」を搭載した運搬ロケット「長征2号F遥14」が、中国北西部にある酒泉衛星発射センターから打ち上げられました。577秒後、有人宇宙船「神舟14号」はロケットと分離して、予定軌道に入りました。搭乗した宇宙飛行士の健康状態は良好だということです。

今回は中国有人宇宙飛行プロジェクトの実施以来、23回目の飛行任務で、宇宙ステーション建設段階における3回目の有人飛行任務でもあります。宇宙船は軌道に入った後、予定の手順通りに、宇宙ステーションの結合体と自主的な高速ランデブー・ドッキングを行う予定です。飛行士たちは天和コアモジュールに入り、6カ月間の軌道上での滞在を開始します。また、今後は宇宙ステーションプラットフォームのメンテナンスとケア、ロボットアームの操作、船外活動、モジュールの移動などの作業および宇宙科学実験、技術試験を実施する予定です。

現在、宇宙ステーション結合体は軌道上でドッキングするための準備段階に入っています。状態は良好で、神舟14号とのドッキング任務を遂行する条件や宇宙飛行士の進駐条件を満たしています。(提供/CRI)