韓国が尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権補足後、北朝鮮と武力示威の正面対決をしている。北朝鮮が5日、短距離弾道ミサイル計8発を発射すると、韓国は翌6日、戦術短距離地対地ミサイル計8発で対抗。7日にはF35Aステルス戦闘機など20機を動員して米軍と共に西海(黄海)で武力示威飛行も行った。

ハンギョレ新聞によると、韓国軍合同参謀本部は「今回の韓米合同空中武力示威飛行は、精密誘導兵器を装着した韓国空軍のF35A、F15K、KF16戦闘機16機と米空軍のF16戦闘機4機が参加した中、西海上の空域で『攻撃編隊群』を形成し、敵の脅威に圧倒的に対応する飛行を実施した」と発表した。

攻撃編隊群は単一攻撃任務を遂行するため、異なる能力を持った戦闘機で構成された飛行編隊を意味する。攻撃編隊群は通常、地上攻撃任務を遂行し、戦力規模は任務による。米空軍の攻撃編隊群は標的を攻撃する爆撃機、敵戦闘機の威嚇を防ぐ援護機、敵の対空陣地を無力化させる対空制圧機・戦術偵察機、敵の指揮統制体系をかく乱する電子戦機・空中給油機・空中早期警報管制機で構成される。

空中武力示威に参加した戦闘機は射撃やミサイル発射、爆弾投下などをしないなど、対応のレベルを調整した。米韓は今回の合同空中武力示威飛行を通じて、合同防衛能力と態勢を見せることで、北朝鮮のいかなる挑発にも迅速かつ正確に打撃できる強力な能力と意志を示したと合同参謀本部は評価した。

米韓両国は2018年の南北軍事合意後の19年以降にも、両国の空軍戦闘機数十機が参加する合同編隊軍訓練を行っている。韓国国防部はこれまで訓練が南北軍事合意に反していないと説明してきたが、北朝鮮は軍事合意違反だと非難。南北関係が取り返しのつかない危険に陥る恐れがあると警告している。

北朝鮮の相次ぐミサイル発射について、東亜日報は「事実上、すべての準備を終えた核実験を控え、同時多発的な奇襲攻撃能力をアピールすることで韓米の対応を見る狙いがある」と分析。「北朝鮮の各地が韓国を焦土化できる『核攻撃の要塞』であることをアピールし、韓米、韓米日の対北朝鮮圧迫に屈しないと脅迫したのだ」と続けた。

一方で「北朝鮮の核挑発は自らを縛り付けるリスキーなギャンブルだ」と指摘。米軍が最近、グアム島に戦略爆撃機B1Bを前進配備したことを取り上げ、「B1Bは17年、北朝鮮の6回目の核実験直後にも東海(日本海)上の北方限界線(NLL)を越えて北朝鮮の公海上を深夜飛行し、金正恩(キム・ジョンウン)政権を超緊急状態に追い込んだことがある。その恐るべき戦力の照準点は北朝鮮の核・ミサイル施設、さらには労働党庁舎と金正恩氏の隠れ家になるだろう」とも報じた。(編集/日向)