中国の効果的で、統一した新型コロナウイルス対策や経済、社会発展の成果が少しずつ顕在化するにつれて、自動車産業チェーンとサプライチェーンも5月に少しずつ回復に向かった。また、出勤・企業活動再開のペースも目に見えて加速し、自動車の生産・販売が目に見えて回復して、増加に転じた。中国自動車工業協会が10日に発表した最新統計によると、5月の自動車の生産台数は前月比59.7%増の192万6000台、販売台数は同比57.6%増の186万2000台だった。前年同期比では5.7%減と12.6%減で、減少幅は前月比で40.4ポイントと35ポイント縮小した。人民日報海外版が報じた。

乗用車生産が先頭を切って下降から上昇に転じた。その生産量は前年同期比で小幅増となり、消費が回復している。5月、乗用車の生産台数は前月比70.8%増の170万1000台、販売台数は同比68.2%増の162万3000台だった。前年同期比では5.2%増と、1.4%減だった。販売台数の減少幅は42ポイント縮小し、全体的に見て、生産・販売は平常通りの水準へと回復している。

新エネ車は依然として急成長の流れを保っている。5月、新エネ車の生産台数は46万6000台、販売台数は44万7000台で、前年同期比でいずれも1.1倍の増加だった。新エネ車市場が自動車市場全体に占める割合は24%で、うち乗用車が26.3%だった。1‐5月期、新エネ車の生産台数と販売台数はいずれも200万台を超え、前年同期比1.1倍の増加だった。月ごとの変動の規律に基づいて計算すると、今年の生産台数と販売台数はいずれも500万台を超える見込みだ。

自動車の月間輸出台数も過去最高を記録している。5月、グローバル物流に障害があり、中国国内の供給能力も弱かったという要素が重なったにもかかわらず、自動車メーカーの輸出台数は依然として、前月比73%増、前年同期比62.3%増の24万5000台に達した。

中国ブランドの乗用車市場のシェア率も過去最高となっている。1—5月期、中国ブランドの乗用車の販売台数は前年同期比11.3%増の389万7000台に達し、市場シェア率は47.9%と、前年同期比で6.4ポイント上昇した。(編集KN)