2022年6月14日、新浪娯楽は、福原愛さんの元夫である台湾の卓球選手・江宏傑(ジアン・ホンジエ)の姉が離婚騒動から1年が経過して初めてコメントを発表したと報じた。

記事は、昨年福原さんの不倫疑惑が日本メディアによって報じられた際、結婚生活の内情が暴露されたと紹介。福原さんの友人を名乗る人物から、福原さんが台湾で江の家族にいじめられていたとの証言も飛び出したことで、日本のメディアは江の一家を「モンスター家族」と称し、江の姉である江恒亘(ジアン・リガ)さんも「モンスター義姉」呼ばわりされたと伝えた。

そして、日本メディアによる扇動的な報道に対して恒亘さんは沈黙を保ち続け、友人が「公にコメントをして事態をさらに悪化させないために、当時は反応しないようにしていた」と代弁したことを紹介している。

その上で、恒亘さんが14日にSNSで「この1年は長かったか?少なくとも私にとってはとても長かった。まるで10年ぐらいの長さだった」と心境を吐露するとともに、この1年間で改めた生活習慣を4つ挙げたと紹介。4つの習慣が、睡眠の改善、断捨離、過去に囚われないと同時に未来にも希望を抱かないこと、そして「平静を保つ練習をし、自分らしく生きる」ということだったとした。

「平静を保つ練習をし、自分らしく生きる」ことについて恒亘さんは、「私はこの件で他人から批判される恐怖を克服した。これまで自分に対して自律性と完璧さを追い求め、自分の善意が他人から非難されるのではないかということを気にしてきた。この1年、私は平静でいる練習をし、『自分を好きな人もいれば、嫌いな人もいる』ということが分かった。私は他人の批判を受け入れると同時に、かつて私を傷つけた人を祝福することを学んだ」とつづっている。(翻訳・編集/川尻)