2022年6月19日、韓国・YTNは「北朝鮮の核問題に対応するため、韓国と日本が関係改善に向けた雰囲気づくりを行うかが注目されている」と伝えた。とりわけ日韓軍事情報包括保護協定「GSOMIA」が話題となっているが、慎重論も少なくないとしている。

朴振(パク・チン)外相は今月13日、米韓外相会談後の記者会見で「日韓GSOMIAの早期正常化を望む」と発言した。歴史問題の解決と安保協力を「ツートラック」で扱う考えを示したものと思われたが、その後、外交部は「韓国政府は日韓GSOMIA問題について、日韓間の他の懸案と合わせ総合的に模索すべきとの立場だ」とのコメントを出している。

記事は「日帝強制徴用被害者(旧朝鮮半島出身労働者)の賠償判決への対抗措置として日本が取った輸出規制をはじめとする日韓間の懸案を後回しにして、GSOMIAの正常化を先に進めることはないという意味」だと分析している。国防部関係者も「国防部は日韓の懸案の進展を見ながら不確実な法的状態の正常化を検討する」とコメントしている。

また、GSOMIAと輸出規制をセットにすることへの警戒論、GSOMIA正常化を急ぐ必要はないとの意見も出ているという。ある専門家は、「GSOMIAは現在、正常に作動していないが韓国にとって大きな問題はない。輸出規制問題も当初日本が期待していたほどの効果はなく、むしろ日本側にマイナスの影響があった」と分析している。

記事は「北朝鮮の武力挑発激化に日韓、日米韓協力の重要性も拡大しており、GSOMIAへの期待感があるのも事実だ」とした上で、「現在としては、外交・国防当局など政府内の立場統一、今後どのようなアプローチを取るかという細部調整が必要な時期だ」と伝えている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「GSOMIAは破棄すべきだ」「GSOMIA?。ついに親日派の性向をあらわにしたな」「日本を信じるなんてコメディだ」「GSOMIAなどなくてもちゃんと国を守ってきたじゃないか」「昔から日本にはさんざんな目に遭わされているのに、まだ目が覚めないのか」「日本は韓国の味方ではない。輸出規制で韓国を滅ぼそうとしたような相手とのGSOMIAなど、なぜまた話題にするのか」「日本の輸出規制の名分は『韓国は安保的に信頼できない国家』だ。安保的に信頼できないのに、GSOMIAなんて何の意味がある?」「日本を引き入れようとせず、自主国防の実現を。日本は韓国を植民地と考えている。目を覚まさないと国が滅びるぞ」など、GSOMIA反対の声が殺到している。(翻訳・編集/麻江)