台湾メディアのETtodayによると、福原愛さんの元夫で台湾の卓球選手・江宏傑(ジアン・ホンジエ)が、今夏の福原さんの台湾訪問について「子どもに会ってほしい」との考えを明かした。

福原さんと江は昨年7月におよそ5年間の結婚生活にピリオドを打った。2人の子どもは江が台湾で世話をしており、福原さんはここ1年半ほど台湾を訪れていない。

報道によると、江は21日の記者会見で、まもなく夏休みということから福原さんが台湾を訪れることがあるのかと聞かれると「計画はありますね。お互い話し合っています」とし、「彼女は子どもたちのお母さんなので、もちろんより多くの時間(子どもに)寄り添ってあげて、(子どもには)お母さんと過ごしてほしいです。子どもには両方の(親の)愛情が必要ですから」と語った。具体的な日程については「知っていたとしても言いませんよ」と笑顔で答えた。

福原さんと子どもたちは今でも時間がある時には毎日のようにビデオ通話で会話しているといい、「子どもたちはお母さんのことについて聞かないのですか?どうしてお母さんはここにいないのとか」との質問には「今は割と(聞くことは)少なくなりました。以前も私に聞くことはなく、ビデオ通話で直接(福原さんに)聞いていました。もう1年半になるので聞くことは少なくなりましたね」と回答。子どもに質問された時に福原さんはどのように答えていたかと聞かれると、「『仕事』ですね」とした。

また、離婚後初となる再会はどのような形になるのかと問われると、「(福原さんが)来るかどうかはまだ分かりません。決まったとしても、それについては考えませんね」と述べた。再会した後、2人が家族と共に一緒に遊びに出かけることはあるのかについては「状況を見て」としたほか、子どもが福原さんと日本に行って夏休みを過ごすことになったらという質問には「(そうなったら)きっと(子どもに)会いたくなるでしょうけど、やっぱり子どもには両親の愛が必要なので、それは排除しません」と語った。

このほか、新たな恋についての質問には「今は準備段階」とし、「事業での能力を上げ、自分や家族に責任を持てるようにしたい」と語った。(翻訳・編集/北田)