国家外貨管理局が24日に発表した2022年第1四半期(1-3月)の国際収支バランスシートによると、同期の中国の経常収支の黒字は889億ドル(1ドルは約135.2円)となり、同期の過去最高を更新し、同期の国内総生産(GDP)に対する比率は2.1%だった。

同局の王春英副局長兼報道官は、「第1四半期には、中国の国際収支が基本的バランスを保った。同期の中国の物品貿易の輸出入は安定した成長傾向を維持し、サービス貿易の赤字が縮小を続け、国境を越えた双方向の投資・融資が活発に行なわれた」と説明した。

データを見ると、同期の中国の国際収支ベースの物品貿易の黒字は前年同期比18%増の1450億ドルだった。そのうち輸出は同16%増の8031億ドル、輸入は同15%増の6582億ドルだった。物品貿易の黒字、輸出、輸入の規模がいずれも同期の最高を更新した。

同期の中国の金融収支の資産は1291億ドルの純増で、そのうち準備資産が取引によって393億ドルの純増となり、準備資産以外の金融資産は898億ドルの純増。金融収支の負債は402億ドルの純増だった。

王氏は、「中国の対外直接投資と(海外からの)対中直接投資の割合がどちらも増加傾向を保ち、ここから海外資本が中国における投資や事業に強い意欲を持っていること、中国の対外直接投資が合理的で秩序あるものであることがわかる」と述べた。

このほか、同局は同日、2022年3月末の中国の対外資産負債残高の状況も発表した。関連データによると、22年3月末現在、中国の対外資産は21年末比0.9%減の9兆2383億ドル、対外負債は同0.6%減の7兆2943億ドルで、基本的な安定を維持した。

王氏は、「こうした変動は主に世界の金融資産価格変動、非米ドル通貨をドルに換算したことによる帳簿価額の変動など取引以外の要因の影響によるものだ。対外負債のうち、対中直接投資の占める割合が最も高く、規模も増加を続けており、ここから海外資本が中国での長期投資に対して信頼感を持ち続けていることがわかる」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)